春の日差し

e0228234_121847.jpg






うららかな木漏れ日をゆらゆらうつすうつわたち




e0228234_12181675.jpg





GWの真っただ中

皆様楽しまれていますか?

私はギャラリーの中から新緑を眺めています
[PR]

by nunokame | 2014-05-01 12:22 | うつわ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

e0228234_14194564.jpg

              



皆様に支えられgallery nunokameも新しい年を迎えることができました


暖かい穏やかなお正月になりましたね!


今年は元旦勤務で、気の引き締まる思いです


遠方からの方 ご近所の方でノボテル甲子園も賑わっております


皆様のご健勝、ご多幸を祈りつつ 笑顔の絶えない一年にしたいですね045.gif



どうぞ本年も宜しくお願い申しあげます


















[PR]

by nunokame | 2014-01-01 14:29 | うつわ

梅雨の晴れ間

e0228234_12472083.jpg



被害にあわれている方もいらっしゃると思いますが…


台風一過で、素晴らしい天気になりました!


ガラス張りのギャラリーは


お天気がいいと、うつわ達がなんだか神様の祝福を受けているようです


e0228234_13193380.jpg

[PR]

by nunokame | 2012-06-22 12:55 | ギャラリー(企画・貸し)

高橋周子・秀介 二人展 400年の伝統・長崎 波佐見焼

e0228234_16255497.jpg

   




e0228234_1626175.jpg






11月26日(土)・27日(日)

400年の伝統 長崎 波佐見焼
高橋周子・秀介 二人展 を開催します。

写真は誰袖平皿「たがそでひらざら」

廬山人がこよなく愛でたうつわのひとつに、
誰袖(万葉集から引用)平皿と名付られたものがありました。

透明感のある白磁の誰袖平皿に多彩で華やかな絵付けを施し、
現代の料理を際立てるモダンさと
ぬくもりを併せ持つ独自の味わい深い器に仕立て上げられています。



阪神甲子園駅徒歩2分、甲子園球場の北向かい
ノボテル甲子園1F
gallery nunokame(ギャラリーヌノカメ)にて
皆様のお越しを
お待ち申し上げております!
e0228234_1213565.gif

[PR]

by nunokame | 2011-11-17 16:43 | ギャラリー(企画・貸し)

隆太窯 うつわ 2 価格訂正いたします!

何故か今朝から

お二組続けて、唐津の窯元へ行かれたという方が来られました!
おひとりは、唐津にお住まいの時、中里 隆先生 とゴルフ友達だったそうです。

名前からして異国情緒溢れる唐津、そして隆太窯は一度は行ってみたい所です!
自然にかこまれた窯元は、いつも先生のお好きなクラシックが流れているそうです060.gif
美味しい山の幸とお魚、美味しいお酒を
素晴らしいうつわでいただけるのは最高の幸せ003.gif
心も身体も健康でないと味わえませんよね。



e0228234_1504729.jpg

刷毛目盃  3,150円


e0228234_1454699.jpg

盃を上からみたところ




e0228234_1228985.jpg

粉引き盃 1,575円




e0228234_14552214.jpg

刷毛目湯呑 1,680円    粉引筒湯呑 1,575円     粉引瓜型湯呑 1,575円




数の揃うものもあります。

年越しに新調されたり、御贈答などにどうぞ御利用くださいね。
[PR]

by nunokame | 2011-10-29 15:14 | うつわ

隆太窯 うつわ

食欲の秋

手にしっくりとくるあったかいうつわで
おいしいものをいただきたい

唐津の隆太窯のうつわを並べました。


e0228234_14215325.jpg

三島皿 3,780円   刷毛目皿2,730円




e0228234_14442871.jpg

粉引き皿 2,730円  粉引きふちなぶり皿 1,575円




e0228234_14251654.jpg

粉引き櫛目片口向付 3,780円



e0228234_1432304.jpg

絵粉引き皿 2,100円




順次ご紹介します。
[PR]

by nunokame | 2011-10-26 14:46 | うつわ

日常のうつわ

e0228234_17132220.jpg

10月も後半になると、年末の予定や準備がクローズアップされてきますよね!
お客様にも、ちらほらと普段使いのお茶碗等を新調される方が出てきました。
白山、大文字、伊万里陶芸等の日常のうつわを並べました。


e0228234_1714084.jpg
e0228234_17141399.jpg



織部三角小鉢 2,415円

二葉型小付緑赤十草  1,575円
[PR]

by nunokame | 2011-10-22 17:20 | うつわ

正木 春蔵 うつわ 入替えました

呉須赤絵鉢  ¥29,400ー
e0228234_1461239.jpg

               中は
e0228234_1464514.jpg


おおらかな雰囲気をもつこのお鉢

もちろん全然違うのですが、
昔、ソ連領中央アジアに旅したとき(今のウズベキスタン、タジキスタン)に
麺碗として使われていたお鉢を何故か思い出します。



染付唐草小碗   ¥5,250-
e0228234_1416688.jpg
e0228234_14163868.jpg




色絵染付ネジ文汲出し  ¥5,250-
e0228234_14183650.jpg

e0228234_14185989.jpg


直径10cm足らずの汲出しですが、何か強いパワーを感じます!
何故か太陽の塔を思い出します039.gif



色絵染付小判型皿(小)  ¥2,625-
e0228234_14215017.jpg
  




染付菊文輪花皿   ¥12,600円
e0228234_14234020.jpg
  



日本はシルクロードの東の終着点
元は大陸から伝わってきた陶器を鑑賞するとき
遠く旅した国を思い起こすのも不思議ではありませんよね045.gif
[PR]

by nunokame | 2011-09-17 14:30 | うつわ

中里花子 monohanako の うつわ

e0228234_11591733.jpg

アメリカと日本で活躍されている中里花子さんのうつわ



収穫の秋

秋の日差しが差し込むキッチンで
自然の恵みをいただく時、
この白いうつわがなんともピッタリな気がして
秋色のリネンの上に並べてみました。


ゆらゆらと揺れる木漏れ日の中で、
シンプルにシンプルに自然の色彩だけを楽しむ。

そんな心のゆとりを持ちたいですね。

e0228234_12123922.jpg

白磁ピッチャー ¥29,400-
mag ¥4,725-


e0228234_12154459.jpg
e0228234_1216577.jpg

lemon cup ¥3,150- 真上から見るとレモンのかたち
045.gif


e0228234_1218404.jpg

Double-Lip CHIBIZARA ¥1,890-




e0228234_12261811.jpg

hat bowl (L) ¥26,250- ハットの形のボウル
043.gif



e0228234_122868.jpg

uzu maki 皿  ¥2,310-


目に見える物ではなく、色々なことを感じ取れる心の豊かさこそが大切

中里花子さんのmonohanakoは
そんなことを思い起こさせてくれるうつわだと思います!!
[PR]

by nunokame | 2011-09-14 12:38 | うつわ

ギャラリーより 残暑お見舞い申し上げます

e0228234_1221389.jpg




節電しなければならないのに…
異様に寒い我がギャラリー
ホテルロビーの一角なので、ここだけ調整がきかないとのこと…
(上の写真はピンボケではなく外の木々を写したものです)



e0228234_1222415.jpg




お陰で熱風が吹いているであろう外の景色も
涼しげに見えます046.gif

ていうか寒い007.gif
ということで、
夏になると登場するのがこの足元温風器
e0228234_12302910.jpg
 


特に寒さに弱いスタッフが私物を提供してくれていて
その恩恵に預かっています。
出勤後、汗が引いたら一気に冷えてくるので
上着、スカーフ、靴下類、ホカロン総出で防寒対策。



そんな中

この花入を見ると心が温まります045.gif
e0228234_12222680.jpg




そんな鑑賞の仕方をするものではありませんが、
(怒られちゃいますよね)


中里 隆 作
南蛮花入れ


日の光が綺麗にあたって
時間を忘れて移ろうのを眺められます。
[PR]

by nunokame | 2011-08-17 12:52 | うつわ